FC2ブログ
# フェルメールの絵が並んだ・・・
福岡先生が監修されている「フェルメール 光の王国展」に行ってきました。
幸運なことにフェルメールの全37作品が並び、福岡先生の説明がつくという企画です。
先生はフェルメールの全作品を「リ・クリエイト」し、作品全てを時系列に並べることによって、フェルメールの人生、作品が描かれた背景など、いわば行間に浮かび上がる物語を読んでみたいという大変興味深い試みに挑戦されました。
この壮大な試みは、2007年に先生が掲げた誓い、「フェルメールの作品が所蔵されている美術館に赴いてフェルメールの作品を鑑賞する」ことから始まり、4年の歳月をかけてこの“巡礼”は完遂されました。
37作品のうち事情があって観ることができない作品が3作品あったそうですが、今回のリ・クリエイトではそれらを含む全ての作品が時系列で並んでいます。

それぞれの絵を見比べると、同じ女性、タペストリー、椅子があちらでもこちらでも描かれている、
女性の洋服が同じ、あれ、着回ししてる?ということに気づきます。
フェルメールはあまり豊かではなかったそうで、同じ場所、同じ洋服を繰り返し利用し、作品を描いていったようです。
オランダの運河に囲まれた小さな街、デルフトに生まれたフェルメール。
通りを隔てたすぐそばで、顕微鏡を作ったレーウェンフックも生を受けます。
フェルメールは完璧な遠近法によって三次元を二次元という平面に写しとり、窓から差す光と影の世界を描いていきますが、それには「カメラ・オブスクーラ」というレンズのついた暗箱を使用したのではないかといわれています。
カメラ・オブスクーラをフェルメールにもたらしたのは誰か?
アマチュアで顕微鏡を研究していたレーウェンフックではないか?と言われています。
フェルメールとレーウェンフックがレンズを通して見える光と影の世界にともに興奮し、魅せられていったと想像するとワクワクしますね。
04/21 08:14 | 最近思うこと
template design by takamu
Copyright © 2006 JAMA All Rights Reserved