FC2ブログ
# 盆栽に開眼!
昨日、人生初の盆栽を作りました。
大宮盆栽美術館で数千万、億円クラスの超高級美術品としての盆栽を育てておられる先生から手ほどきを受けるチャンスをいただきました。

ファーストマイ盆栽は「長寿梅」、バラ科ボケ属で、四季を通して花が咲くそうです。
私、ボケが好きなんです。
3年もののか細い幹ながら、なかなか趣のある感じに曲がりくねって、トゲのある小枝を四方に伸ばし、たくましく天を仰いでいます。小さな丸みのある葉は淡い緑だったり、黄色だったり、少し指先ではらうとパラパラと根元に葉がこぼれ落ち、じきにすべて落葉してしまうそうです。
この長寿梅、しゃがんで木の根元から天を見上げると、まるで立派な日本庭園にいるような世界観があります。
ああ盆栽って面白い!
ビビッときました。

どのように枝をカットするのでしょう?
盆栽は、やはり「ふ~む」と言いながら、パチンパチンと鋏で枝を整えるイメージですよね。
「ふた芽、ふた芽、と言うんですね・・・」と先生。
枝の根元から芽2つ分先にいった所をカットするというのが目安だそうです。

この枝は伸びるとよくないな・・・と思うときもありますが、その時に切らず、しばらく辛抱すると、後々大変すばらしい枝ぶりに変身することがあるそうです。
物事の善し悪しを焦って判断しないように、と教えてくれているようです。
これって子育てにも言えることですね。
将来ろくなことにならないと思って、親が早めに悪い芽を摘んだつもりでいると、それはとてつもない学びのチャンスだったとか、才能の片鱗だったということがあります。

若いママたちに盆栽ブームが起こらないかしらん。






11/29 00:21 | 最近思うこと
template design by takamu
Copyright © 2006 JAMA All Rights Reserved