FC2ブログ
Nスペ【臨死体験の謎に迫る】を見て
昨日NHKスペシャル【臨死体験の謎の迫る】をご覧になったでしょうか?ジャーナリストの立花隆さんが世界的に著名な脳科学者に次々と取材し、自身の考察を深めていくという展開で、とても面白かったのです。
きっと再放送があると思いますが、見逃した方のために内容をを少しご紹介します。

臨死体験というときれいなお花畑やまばゆい光の世界に包まれる、神様に会った・・・など、人種を超えてその体験はほぼ共通するようです(地獄で焼かれた・・・といって戻ってくる人はいませんね)。
研究者の間でも、人が死ぬとき心臓が止まり、それと同時に脳の活動も止まるということが定説だったのですが、新しい研究で心臓が停止した後もわずかな時間、脳の活動が続くことがわかったそうです。
(コレには立花さんも驚いておられましたが、私も鳥肌が立ちました・・・)

脳の神経細胞のネットワークは「クモの巣」のようなイメージだそうです・・・(脳の神経細胞は体の細胞とくらべると長くてユニークな形ですが、神経細胞同士のネットワークが「クモの巣」なんだ!と想像すると、より一層美しいですね、雨に濡れたクモの巣はナント美しいことか!)。

臨死体験とはもうすぐ訪れる死を前に、脳が最後の力を振り絞ってドーパミンなどの快物質をその脳内の「クモの巣」に振りまき、カラダが永遠の眠りに向かって動きを止めるなかで、逆行するように「目覚めよ!」という命令が出る、そのため、脳は幽体離脱という状態でそれを認識するのではないか?というのです。

(醍醐味はここから・・・)このしくみは脳の辺縁系といわれる「古い脳」の働きで、私たちは死ぬ間際このような美しい景色や懐かしい人々に迎えられるイメージをもちながら安心してあちらへ行けるよう、脳にプログラミングされたギフトを持っているのではないか?というのです(なんだか全身の力が抜けて涙が出てきました)。

「死」はずっと昔から人類のを最大の恐怖ですよね。宗教、心理学、様々な文学や芸術作品を見てもずっと「死んだらどうなるのか?」「死後の世界はこわいんじゃないか?」というのを想起させるものです。
でも、私たちのカラダには此岸から彼岸へ安心して行けるしくみがある。死は恐れるものではないのかも・・・と思えてきました。

ちなみに来期のJAMAは上級生のクラスで「脳」をテーマにします。
幽体離脱のメカニズムは脳のどういうはたらきか?ということは、遠くない将来より明確になるかもしれません。
でも、「なぜそのメカニズムが用意されているのか?」は科学が答えられる領域ではなく、私たち一人ひとりが大切にしている信条や考え方に委ねてよいのではないか・・・番組の中で一人の脳科学者がおっしゃったその言葉が胸に響きました。
09/15 13:01 | 最近思うこと
知と経験のスパイラル
本日は七夕ですが、あいにくの雲行きです。
皆様、いかがお過ごしでしょうか?


JAMAのサプリメントアドバイザー養成コースが
4月にスタートしてから4ヶ月、基礎、専科、ブラッシュアップと、
3クラスそれぞれにユニークで楽しい授業が展開されています。

jyugyou


今学期は全てのテキストがリニューアル。
テーマに即して、身体の働きについての説明、
最新の学会報告などがよりわかりやすく載っており、
受講生の皆様から一般の方々へぜひお話して欲しい内容も入れております。



また、サプリメントや日用品の推奨品は、
ありがたいことに(株)jastが扱わせていただくメーカー数が増えたことにより、
製品数、品質がグーンとグレードアップし、クライアント様のご相談に
よりきめ細かく対応できるようになりました。



『養成コース』というと、とかくテキストを覚えること、ノートをとることなど、
いわゆる講師から受講生への一方通行の「学習」のイメージをもたれる場合がありますが、
それは本当の学びではありませんね。


授業で専門知識を学ぶというステップ、
そしてその理論に基づいて品質の高い製品を
自ら使ってみるというステップ、
この知と経験の2ステップが、アドバイザーの本物の智を育てます。


知と経験の2ステップはそのスパイラルを上るごとに、
私たちの学びのスタイルを「自ら感じ、考える」という
成熟したものに変えていくようです。



今夏はスパイラルを上りながら、加速していきます。
と同時に・・・2014年10月生の募集、スタートです☆



07/07 13:55 | 養成コース
# 『サインはV!』
あ~いつもの梅雨の到来、青々と実る梅を眺めることが唯一の楽しみです。
でも、うっとうしい長雨の先には入道雲と太陽の世界が待っていますね。


夏休みどこに行こうか?水着はどうしよう・・・?とワクワクしつつ、
「おや、その前にダイエットだよ」と青ざめたりして。


kaden_taijukeiのコピー


気になる体重だけでなく、コレステロール、血圧など
高めはコワイと信じられている数値がたくさんあります。

健康志向の人ほどご自身の数値に厳しく、
ほんの少し高めなだけで心配ご無用の場合でも、
「下げなきゃ」と強迫観念に駆られている姿をお見受けします。

それぞれの数値はどのくらいが適正なのでしょうか?
適正な数値は「低ければ低いほどよい」という”信仰”とは異なります。

また、今言われている適正な数値が、変わる可能性があることも頭に入れておきましょう。

JAMAの「サプリメントアドバイザー養成コース」では、
最も新しい学会報告を元に、今まで言われてきた説のなかでどこが変更になったのか?、
新しく解明されたことは何か?を学びますので、受講生が”信仰”を持つ心配はありません。

例えば適正体重については「BMI」という数値を参考にします。
BMI=体重(Kg)÷身長(m)÷身長(m)で計算することができます。

18.5未満は「痩せ」
18.5以上25.0未満が「標準」
25.0以上30.0未満が「肥満1度」


以降5刻みで肥満度が上がりますから、ちょっと計算してみてください。
健診を受けている方は検査結果の中に出ていると思います。

ダイエットやアンチエイジングを志す方の中には、
このBMIの「痩せ」を目標す人がいます。
肥満はメタボのリスクですが、痩せにもリスクがあることを知ってほしいなと思います。

痩せすぎは、栄養不足によって抵抗力が下がったり、
からだを構成する細胞の機能低下によって心臓などに支障をきたし
死亡リスクが上がるのです。

グラフにすると「V字」を描き、V字の底はBMI24~25くらい、
最も疾患が発生しにくいといわれています。

健康に関する数値はBMIに限らず、
死亡率をみた時にこのようなV字を描くものをよくみかけます。
『サインはV!』、覚えておきましょう。

06/07 12:29 | 未分類
あなたはどっち?
飛び石連休だった今年のゴールデンウィーク、皆様いかがお過ごしでしたか?
私はあいにく車が修理中だったためエコ仕様、電車でせっせと空いている都心の書店巡りをしました。

六本木のTSUTAYAを覗くとオタク心をくすぐる洋書や専門書がズラリ、
敬愛する分子生物学のF先生の新刊本を購入し、徹夜で読破しました。
久しぶりに心底楽しかったデス~

CIMG5011.jpg


F先生がおっしゃるには、私たちは「マップラバー」と「マップヘイター」の2タイプがあるそうです。
マップラバーはその名の通り「地図好き」で、
自分のいるスタート地点からゴールまでの道のりを緻密に調査し、
手がかりがなければきちんと欠けている情報を収集して迷わず到着するタイプ。

一方マップヘイターは地図なんぞ見ずに直観(嗅覚?)でゴールの場所を理解し辿りつくタイプ。
あなたはどちらのタイプでしょう??

F先生はというと、マップラバー、それもかなり性根のすわったマップラバーです。
蝶に魅せられた幼い頃のF先生は標本箱に美しい蝶をきれいに永久保存することにエネルギーを注いでいたそうです。

分子生物学という学問は細胞を切り刻んで、
一つの物質を発見すればその働きを支えるさらに小さな物質があるはず・・・と追究する学問ですから、
F先生がマップラバーというのはうなずけます。

しかし、F先生は長年のご経験からマップヘイター的直観こそ、
研究にはもちろん、読書を楽しんだり、人生の様々な場面においても非常に重要なものではないか、
これからはマップヘイターに転向するぞ~とおっしゃっています。

なんだか嬉しい~

なぜなら私は昔からマップヘイター、いつも最後にすがるのは自分の観なのです。
観が鈍らないようにするには、楽しく生きる!このことに尽きるように思います。
05/11 22:12 | 未分類
# 細胞は裏切らない
4/4、サプリメントアドバイザー養成コースの基礎1回目の授業がありました。
受講生5名ほどの少人数で、講師だけでなく参加した皆さんが自ら考え、
意見を言ってくださるようようなゼミスタイルの授業です。
相互間のやりとりがあるというのは空気の共有と場が動き、非常に楽しいものです。


さて、授業のなかではヒトのからだを作っている「細胞」、というミクロの世界をみていきます。
細胞といわれても日常ではあまり馴染みがないかもしれませんが、
先日、ある番組でips細胞の山中先生が
「からだのなかには60兆というとてつもない数の細胞があって、一つ一つすばらしい働きをしているんです。
その精緻な動きをみているとこれはもう、神様が作ったものとしか思えない。
私たちがスポーツや勉強などをすると、やる前とやった後では細胞の動きはちゃんと変化していて、
脳なんかではすばらしいネットワークが組まれていく。
細胞はちゃんと応えてくれる。細胞は裏切らないんですよ」
とおっしゃっていました。


今回の授業で脂質について学びましたので、関連したことを少し書きます。

細胞は常に新しいものとの入れ替えを行いますが、
脳の細胞は生まれたときからほぼ入れ替わらない、
だから小さい時に学んだことを記憶しどんどん経験や学習を積み上げていってネットワークを組んでいけます。
成長してもどんどんネットワークを広げていくかというと、
ネットワーク構築にはすごいエネルギーが必要ですから
脳にとっては負担と危険が伴うわけで、どこかでネットワークを広げるのをやめ、
他の方法を考える必要があります。

脳で見つかったLynx1という物質は毒蛇の猛毒と同じ構造で、
脳のなかで視覚などをコントロールする場から始まり
10代のうちに脳全体のネットワークをどんどん広げるという動きを止めていきます。


では、私たちの脳は10代過ぎたらもうダメなのか?というとそんなことはありません。
脳の神経細胞の軸索という電気信号を送るパイプの部分を太くすることで、
高速で情報をやりとりできるようして、
すでにできあがったネットワークの中を効率的に使うという戦略をとります。
軸索というパイプは所々の脂肪を厚くすることで、電気コードの絶縁体の役目をし、
そこだけ情報がスピーディーに飛ぶため、情報の高速化を可能にしています。

軸索の周囲を動き回り脂肪を巻きつけていくのはオリゴデンドロサイトという物質です。
まるで道路の補修工事をしているようです。


ダイエットをするときに、とかく嫌われる脂肪ですが、
頭のなかで高速道路を作るための大切な材料でもあると理解すると、
良い油を摂らないと…と思えてきます。
04/06 08:52 | 養成コース
template design by takamu
Copyright © 2006 JAMA All Rights Reserved